大阪IBD

今後のイベントのご案内

●大阪IBD交流会
 ◇2020年9月13日の大阪IBD交流会は、新型コロナの影響を鑑み、中止いたします。
 なお、オンライン交流会を近く実施いたしますので、参加を希望される方は会報と一緒にお送りしました  「Zoom案内のご案内」をご覧いただき、事前に参加申し込みをお願いいたします。
 (お詫び。パンフに掲載のQRコードでの操作ができていませんでした。修復いたしましたので改めてお申込みいただけますようお願いいたします。)
 
 
●医療講演会 エルおおさか
 日時:2020年10月4日(日曜日)
 場所:エルおおさか
 タイトル:炎症性腸疾患の食事療法~QOLを高めるためのポイント~
 講師:斎藤 恵子先生(東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部 副部長)
 詳細はこちら
 
 
 
 

IBD関連ニュース&活動報告

 
 
◆2020/04/07
 IBD患者における新型コロナウィルス感染リスクについて 第1報
 <IBD学会及び研究班より>同表題のPDFをご参照ください
 (医師向けなのでご注意を)
 
◆2020/03/31
 厚労科研費研究事業IBD研究班より
 下記の最新資料が発表されました
   UC・CD診断基準・治療方針(令和元年度版)
 
 以下、「患者さん・家族情報」
   食実についてQ&A
   UC 治療に必要な基礎知識(第4版に更新)
   CD 治療に必要な基礎知識(第4版に更新
 
◆2020/03/25
 ステラーラがUCで使えるようになりました
 (既存治療で効果不十分な中等症から重症の方を対象)
 詳細はこちらへ
 (ステラーラUC適用要望書はこちら)
 
 
◆2019/10/05
 大阪IBD会報42号が発行されました
 最新医療情報や体験談など満載です
 表紙と目次はこちらへ
 
◆2019/06/21
 クローン病 患者の語りデータベース
クローン病の患者の皆様の体験談(生の声と表情)を集めて保存し、 広く一般の方々に公開しています
 詳細はこちらへ
 
 
◆2017/12/18
 「教職員にクローン病を知っていただくためのガイドブック」が出来ました。
 学校の先生にクローン病を知って頂くため、この冊子を先生にお渡し下さい。
 詳細版はこちらへ
 
 
◆2017/03/30
 新薬が二つでました
 ・クローン病治療薬ステラーラ
 ・潰瘍性大腸炎治療薬シンポニー
 生物学的製剤で、現在の治療法で有効でない方に、希望の持てる新薬で治療の選択肢が増えることになります。
 尚、両剤とも日本で他の疾患(乾癬など)で既に承認されている薬です。
 詳細は以下の通りです
 https://www.janssen.com/japan/press-release/20170330
 
◆2017/01/17
 「教職員に潰瘍性大腸炎を知っていただくためのガイドブック」が出来ました。
 学校の先生に潰瘍性大腸炎を知って頂くため、この冊子を先生にお渡し下さい。
 詳細版はこちらへ 簡易版はこちらへ
 
 
◆2016/11/03
 大規模なIBD患者の意識調査を行いました
 詳細は⇒こちらへ